○商品のご紹介○リネンプレイスマット / fog linen work


ランチや朝食、おやつの時間、来客時など、気軽につかえるリネンのプレイスマット。
マットを敷くと華やかに、食事もより美味しく見えてきて、一度使うと毎日の食卓に欠かせないものとなりそう。
その日の気分で色柄を使い分けて。

35×45cm
リネン100% (普通地)
990円(税込)

○商品のご紹介○ミオワンピース/ fog linen work


肩にたくさんのタックがとられたバンドカラーのワンピース。
ひざ下くらいの短めの着丈なので、パンツやレギンスを合わせたスタイルがおすすめ。
裾はラウンドヘムになっていて軽やかな雰囲気です。
両サイドポケット付き。
色はブラックとエクルベージュ。


リネン100%(薄地)
着丈103 胸囲108 肩巾45 袖丈49cm
23100円(税込)

○商品のご紹介○コットンニットバイカラースリーブ / atelier naruse


2~4月、9月~11月くらいにかけて着ていただける綿100%の薄手のニットです。
左袖のみ、配色カラーでアクセントをつけています。
メンズのSサイズ、レディースのLサイズくらいのゆったりしたサイズ感。
キナリ、ブルー、ブラックの三色です。


綿100%
フリーサイズ
着丈(CB)64 肩巾39 B101 袖丈55 袖巾36cm
19800円(税込)

○商品のご紹介○テンダーコットンモーリスジャケット / a piece of Library


肌馴染みが良く、柔らかでカーディガンのように気軽に着られるジャケットです。
春先や秋口の羽織りとして丁度よく、カジュアルな印象もあり、着方次第でいろいろな表情を見せてくれます。


今までのスウェットの中でもダントツな柔らかさで、とても着心地がいいので、ジャケットらしいジャケットが苦手な方にもおすすめしたい一着です。
色は春らしいピンクとライトグレー。
ライトグレーはラベンダーのようなきれいな色です。


綿94% ポリウレタン 6%
サイズ1 着丈63 肩幅47 バスト108 袖丈45cm
サイズ2 着丈65 肩幅49 バスト116 袖丈47cm
18700円(税込)

○商品のご紹介○こけし一筆箋 / 倉敷意匠 計画室


型染め作家 関美穂子さんデザインのノスタルジックな雰囲気の一筆箋です。
便箋としてはもちろん、ギフトに添えたりメモ代わりに持ち歩いても。


8.2×19cm
462円(税込)

○商品のご紹介○純銅卵焼き器 / 工房アイザワ


熱伝導性に優れた銅はすばやく全体に均一に熱が伝わり、玉子焼きがふっくらと焼き上がるのが特徴です。
幅12cmと9 cmの2種類で、12cmは卵3~4個の玉子焼きや出汁をたっぷり入れただし巻きたまごをつくれる大きさ。
9cmは卵1個でも玉子焼きがきれいにつくれてお弁当用にも便利ですよ。


12cm 11000円(税込)
9cm 6820円(税込)

【火曜日は定休日です】


2/13までのまん延防止等重点措置の期間、喫茶室はお一人かお二人でのご利用をお願いします。
会話の際はマスク着用にご協力よろしくお願いします。

○商品のご紹介○春の石鹸 / 無添加石鹸本舗


人気の季節の石鹸シリーズの春の石鹸が入荷しました。
乾燥の残る春におすすめの石鹸。天然保湿成分がたっぷりと含まれやさしい洗い上がりです。
ローズマリーとオレンジ、ミントのすがすがしい香りです。

90g
1320円(税込)

○商品のご紹介○ロイヤルオックスベルブラウス / a piece of Library


少し立ち上がりのあるスタンドカラーが顔周りをすっきりとみせてくれる魅力的なブラウス。
フリーサイズですが、身長に関係なく楽しめる絶妙なバランスです。


ピンタックと後ボタン仕様でバックスタイルも美しいデザインです。
カジュアルなボトムに合わせても、ぐっと特別感のあるコーディネートになります。


クリーム、ネイビー
綿100%
フリーサイズ(着丈60 肩幅42.5 バスト112 袖丈46cm)
20900円(税込)

○商品のご紹介○BOWLINGMAN / BAGWORKS


ボウリングのボールを入れるバッグをリデザイン。全体的に丸みがあるフォルムが特徴です。
素材は8号帆布にPVCコーティング加工してあり、自然な風合いと汚れや防水に強い特徴があります。


大きく開き出し入れがしやすく、バッグ内部には大小2つのツリポケットがついています。


W23.5×H18.5×D16cm
8580円(税込)

11/ 1461...101112...203040...146
かわいい花束作ります
今日の喫茶室
店長のつぶやき

web kanonn twitterアカウント

web kanonn facebookページ

Days of kanonn Tumblr

*