○商品のご紹介○アルマイト手付マッコリコップ / 松野屋


元々は韓国の伝統酒マッコリを気軽に飲むためのコップですが、キッチンで切った材料を分けておいたり、ちょっと卵をといたり、調味料を合わせておいたりと、いろいろ使えてとても便利。
アルマイト加工された軽量アルミ製なので、アウトドアにもおすすめ。直接火にかけることもできます。ただし、本体・持ち手が熱くなるのでご注意下さい。


約W16×D12×H5cm
648円


約W18×D13.5×H6cm
756円
 

○商品のご紹介○コットンボーダーT / TINA and SUSIE


カジュアルでリラックス感のあるボーダーカットソー。ラフな着こなしをお楽しみいただけます。ブラックとネイビーがあります。

フリー
綿100%
10260円

○商品のご紹介○大阪のトタンジョーロ / 松野屋


大阪の町工場でひとつひとつ丁寧に作られたトタンのジョーロです。
シンプルなデザインで和風、洋風問わずいろいろな空間にマッチします。
容量は4リットル。先端のはす口は取り外し可能です。

60×21×H19cm
4536円

FOYERさんのワイヤーフラワーワークショップは定員になりましたが、参加ご希望の方からお問い合わせをいただきましたので、16時からも開催することになりました。


8/14(水) 13:00〜定員になりました
16:00〜あと1名
参加費 2500円
定員6名
キャンセルは8/7(水)までにご連絡ください。


画像のような花をひとつ作ります。
だいたい2時間半で完成します。
開始5分前までにお越しください。
持ち物はありませんが、細かい作業がありますので、必要なかたはメガネをお持ちください。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

○商品のご紹介○ソルガムミニホウキ / 松野屋


卓上を掃くのに便利なサイズのほうき。日本でモロコシとよばれるソルガムという植物で作られています。湿気を吸収しにくく、硬めの質感でしっかりお掃除できます。革紐付きなので壁掛けも可能です。

長さ25cm
タイ製
810円

○商品のご紹介○コットンキャンバスワッシャーイージーパンツ / seasew.


腰回りをゆったりとさせたシルエットのコットンパンツ。手で絞ったようなナチュラルなシワ加工が特徴の11号帆布を使用しています。
長めの丈なので、ロールアップして靴下と合わせたり季節を問わず幅広いコーディネートに活躍してくれます。
ウエストはゴムとヒモで調節可能。左脇にゴム通し口があり、ゴムの交換も簡単で長く愛用して頂けます。


綿100%
総丈95 股上30 股下65 ウエスト65~90 ワタリ31.5 裾巾18cm
7560円

【火曜日は定休日です】


お知らせ 1
8/3(土)と8/14(水)はワークショップ開催のため喫茶室はお休みさせていただきます。

お知らせ 2
8月最終週は連休を取らせていただきます。
日にちが決まりましたらお知らせします。

【8月のフラワーレッスンとワークショップ ご予約状況のお知らせ】

7/21の時点のご予約状況です。

○気軽に楽しむ冷茶会○
定員になりました。


○ワイヤーフラワー ワークショップ○
好評につき16時からの回を追加しました。16時からは1名空きがあります。


○フラワーレッスン 夏の壁飾り○
定員になりました。


○フラワーレッスン 子どもボックスアレンジ○
定員になりました。

【camibaneのぱんの日】


本日10:00からcamibaneさんのぱんを販売します。たくさんの方にお買い上げいただけるよう、今回もお一人様5個までの販売とさせていただきます。
お会計には小銭をご用意いただけると助かります。よろしくお願いいたします。

【明日はcamibaneのぱんの日】

明日7月14日(日)はcamibaneさんのぱんの日です!
(※今日ではありません!日にちにご注意ください。)

くるみぱん
ちょこぱん
いよかんクリームチーズ
ショコラナッツ クリームチーズ入り
チーズ&チーズ sweet
チーズ&チーズ salty
オレンジココナッツ
ベーコンぱん
いちじくジャムぱん
ココナッツキャラメル
石窯ピザ
レモンぱん
レモンクリームぱん
レモンとクリームチーズ
とうもろこしぱん
かぼちゃとチーズ
抹茶と小豆
グリーンオリーブとマリボーチーズ
ジンジャーナッツ
きなこぱん


上記の20種のぱんが届く予定です。
販売は明日7/14(日)10:00からです。
お一人さま5個まで。お支払いは現金でお願いいたします。

10/ 391...91011...2030...39
かわいい花束作ります
今日の喫茶室
店長のつぶやき

web kanonn twitterアカウント

web kanonn facebookページ

Days of kanonn Tumblr

*